【入籍前】失業保険の説明会。受給中バイトは出来る?

失業保険
この記事は約3分で読めます。

失業保険給付についての説明会に参加してきました!

どんな内容だったか?

受給中はバイトは出来るのか?気になる点まとめてみました。

失業保険受給のための説明会について

失業(雇用)保険の給付申請をした後、

7日間の待機期間(この期間は失業状態でなくてはなりません)を経て、

同時期に受給の為の説明会が行われます。

私の管轄ハローワークでは約2時間、同時に100名近くが

ハローワークとは別に指定された場所へ集まり、説明を受けました。

もちろん私服でOK!席は自由でした。

主な流れ

申請時に受け取っていた「しおり」を確認してもらうと、

「雇用保険受給資格者証」が貰えます。

ここに、貰える基本手当の具体的な額など、自分がどんな状態であるか記載されています。

その他多数の書類が渡されるので、余裕を持ったカバンがいいかも

 

説明会の内容は、

  1. 最近の労働市場の話
  2. ハローワークの利用方法
  3. 職業訓練の案内
  4. ビデオ鑑賞(受給について)
  5. 受給についての補足説明
  6. 失業認定申告書の書き方

2時間内、水分補給・お手洗いは各自自由で進められました。

申告書の書き方については、実際にその場で書いてみる時間があったので

そこは抜けない方が良いと思います。

この説明会が求職活動とみなされる為説明会に参加したことを申告書に書く必要があります。

 

受給中、バイトは出来る?

「失業認定申告書」は認定日に毎回提出するものです。

いつ、どのような求職活動をしたかの記録と

バイト・手伝いをした場合もその用紙に記録し、申告する必要があります。

つまり、申告すればバイトは出来ます。

しかし、働いた時間によって扱いが変わってきます。

基本「就職したと見なされる」「減額」「給付の先送り」のどれか。

1.「就職したと見なされる」

週20時間以上働いた場合。(雇用保険の加入対象になるため)

2.「減額」

1日4時間以内の労働。収入金額によっては、減額される可能性。

3.「給付の先送り」

1日4時間以上の労働。予定日に支給されなくなる。

ただし減額なしのまま、支給が先送りになるだけ。⇒結果、支給はされる。

バイトは1日4時間以上、週20時間未満がベスト

主婦のための求人応援サイトママワークス

 

自己都合退職の場合は、最初の3ヶ月間は基本手当が出ないので、

この期間はいくら働いても給付額には影響しないらしい!(申告は必要)

ネット副業の事でその話が出た↓

※管轄ハローワークに確認してくださいね!

説明会でもきつく言われますが「不正受給」はいけません。

正直に申告、分からないことは質問・相談することが大事です!

 

【無料資料請求】ジェルネイル認定講師資格取得講座

1日4時間以上、週20時間未満で働く

短期のバイト、派遣、単発で

週3・1日6時間、週2・1日8時間などが無理ない範囲でベストかな?と思います。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

または再就職手当もありますし、早めの転職も考えていきましょう!

どちらにせよ頑張らねば〜

 

記事作成で10万の報酬をゲット!サグーワークス

失業保険結婚
UBをフォローする
chiublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました