PIXTAで素材販売!副業のストックフォト収入はいくら?売上報告

ストックフォト
この記事は約4分で読めます。

【副業】PIXTAで写真販売

まず私はPIXTAで写真素材の販売をしています。

他の会社でもチャレンジ中ですが、日本大手であるPIXTAの売上を

「2019年1月〜」振り返っていきます!

実際、素材販売ってどんなもんなの??

 

【PIXTA】2019年1月の売上

ずばり!

約 6,500円 でした。

少なっ!と思いましたか?

 

PIXTAでは、売れた分はまず「獲得クレジット」として支払われます。

2019年9月30日販売分までは、1クレジット=108円換算でした。

単品購入 8枚
定額制  46枚
合計   54枚

また、購入者側の素材の買い方として

「単品購入」と「定額制プラン」が用意されています。

「定額制プラン」は販売者側にとって

1枚あたりの単価が低くなる代わりに、販売機会が増える見込みとしています。

「定額制プラン」では売らないという選択も出来るのですが、私は現在、定額でも販売してます。

 

【販売素材アップロード】1月の作業は?

【2019年1月時点】

販売素材(販売OKとなっている、商品として出ている)枚数 約1150枚

その内、人物の写真は1枚もなし。

「街中・出かけ先・家の中で物撮り」の写真を主に素材として売っています。

私はかなり身近なものをテーマ・撮影対象としていることが多いです。

※撮影対象については改めて記事書きます。

 

そして、1月は一度も作業していません

完全に放置でした。

 

作業なしでも収入はあるっちゃある。

額は6,500円。

1ヵ月間、作業は全くせず。

今までの1150枚から売れたのは54枚。

どう思いましたか?

私自身は現状、「質と量」両方伸ばしていくしかないと感じてます。

 

(※その後、作業できない日々が続きます。)

2月以降はどうなる?

以下、撮影技術の参考書籍

 【ストックフォト】審査が通らない!落ちる・不採用・NGの理由と対策!

ストックフォト副業売上報告
UBをフォローする
chiublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました