【失業保険】求職活動実績になる職業相談の内容。その2

失業保険
この記事は約3分で読めます。

失業保険・失業給付には「求職活動実績」が必要!

失業保険の給付申請してからは

私は求職活動をしていますよ

と実際に活動した実績を示さなくてはいけません。

その際の求職活動実績に値する

「職業相談」についてお話しします。

 

「職業相談」ってどんなことを話したの?
どのくらいの時間がかかるの?

など

今回も私が職業相談をしたときの内容を振り返っていきます。

職業相談は2回目!

ちなみに初回の内容は↓

申請までの流れはこちら↓

 

2回目の実績作り「職業相談」の内容

相談窓口に案内され、ご挨拶。今回も男性。

前回「マザーズハローワーク」を勧められてましたが、名字変更など諸手続きのためそのまま総合へ流れました

話し始める前に私の求職希望条件などをチェックされます。

結婚されたんですね。活動の方はどうですか?

いろいろと迷っていて、なかなか進んでないです

 

働き方、迷うでしょう。(今までの職歴を見て)

こういう仕事なら近くに求人出てるかもしれないですよ。

そこから、今までの職歴と経験内容を深く聞かれ

今後の職種、働き方はどうする??みたいな話を少しだけしました。

もうちょっと整理して考えてみます。

旦那さんとも話してね。

これで活動実績にはなりました。

 

職業相談時間や乗り切るポイント

 

相談時間は5分ほど

今後どうするかの軸がしっかりしていないので

例えば「気になる求人があるんです。」と提示することもなく

ただただ「何から何まで迷っています・・・!!」という気持ちだけなのですが

全く問題なく受け入れてくれます。

 

その場ですぐに解決しないことは検討してみます」「考えてみます」でOK

詰まった場合も

今日はこれで(相談を終えても)大丈夫そうですか??

と担当さんから、声かけてくれたりもします。

変に考えたり気まずくなったりしなくて大丈夫です!

このまま次の実績も職業相談になりそうです・・・!

主婦は主婦で働き方に迷いますね〜。悩み疲れたらU-NEXT でドラマ巡りしてます。

失業保険の給付中でもバイトは出来るみたいなので検討・・・。

3回目の活動実績はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました